Mファミリー歯科・矯正歯科は荒川区 尾久の歯科医院です。一般歯科、予防歯科、小児歯科、審美歯科、マウスピース矯正、ホワイトニング、インプラントなどを行っています。

Mファミリー歯科・矯正歯科では、患者さんの痛みの軽減を第一に考えています。
痛みが予想される処置を行う時は事前に十分な麻酔をし、患者さんが苦痛を感じることがないように治療を進めます。
また麻酔を行う際も患者さんが痛くないように様々な工夫をしております。




痛くない麻酔


麻酔時の痛みは、大きく分けて2種類あります。
ひとつは針を刺すときの「ちくっ」とした痛みの「刺痛」
もうひとつは、麻酔液を入れるときの痛みの「圧痛」です。

「刺痛」は「表面麻酔」、「圧痛」は「電動麻酔」で痛みを軽減できます。



表面麻酔


表面麻酔とはは通常の注射麻酔(局所麻酔)を行う前に、粘膜に塗ることで、
表面の近くをマヒさせる麻酔法のことです。
「麻酔の針を刺す時の痛み」を無痛化するために使用します。
針が刺さる時の、チクッとした痛みを和らげます。


電動麻酔


手動式の麻酔器は、麻酔液を入れるときのスピードにバラつきが出たり、
注射をする時に力を入れることで圧力がかかり、患者さんの痛みに繋がります。
電動麻酔器は手動式のようなバラツキはなく、常に一定のスピードと圧力で、
力を込めることなく麻酔液を入れる事ができるため「圧痛」を軽減することができます。